Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /home/jac/www/assets/functions.php on line 39 学術著作権協会(JAC)|著作物の権利を有する方

著作物の権利を有する方

学術著作権協会(以下「当協会」といいます)は著作権者(以下「権利者」といいます)の方から主に複製利用に関する権利の委託を受け、権利者に代わり利用に関する許諾を行い、利用した方から著作権使用料(以下「使用料」といいます)の徴収します。徴収した使用料は、理事会、社員総会を経て所定の事務経費を控除した後、当協会分配規程に基づいて権利者へ分配します。

権利委託契約について

権利委託契約について 当協会への複製利用に関する権利の委託は、権利委託契約を結ぶ必要があります。

当協会は、「管理委託契約約款」に従い、ご委託頂いた著作物の複製利用に関する許諾を代行し、「使用料規程」に基づき使用料の徴収を行います。

契約に際して加入料、年会費などの費用は、一切必要ありません。契約には、著作物名を特定するリストを提出して頂きます。許諾を代行するにあたり利用する方へのコピーサービスは当協会では行なっていませんので、権利委託する著作物の原本の提出は必要ありません。

委託できる権利

ご契約の際は、次のどちらかを選択できます。

  • 複写権等のみを委託する
  • 複写権等および電子的複製権等の双方を委託する

※図書館間相互貸借(ILL)送信に係る権利を委託を希望する場合は、別途追加の契約の締結が必要です。
詳しくは「図書館間相互貸借」をご覧ください。

契約についての詳細・質問は、当協会までお問い合わせください。

問い合わせ先
一般社団法人 学術著作権協会 権利者担当宛
Eメール:keiyaku@jaacc.jp

権利の再委託について

権利委託を受けた著作物の複製利用に関する権利は、双務協定を締結した各国・地域の複製権機構(Reproduction Rights Organisations: RRO)へ再委託しています。

国内管理著作物の社内利用を目的とした複写利用に関する権利は、「公益社団法人 日本複製権センター」へ再委託しています。

著作権使用料の分配

利用者から徴収した使用料は、「管理委託契約約款」により30%を超えない範囲で理事会・社員総会において定められた事務経費を控除した後、権利者へ分配します。

権利委託契約を結んだ国内権利団体

当協会と権利委託契約を結んでいる国内権利団体は「権利団体一覧」をご覧ください。