Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /home/jac/www/assets/functions.php on line 39 学術著作権協会(JAC)|著作物と著作者

著作物と著作者

人間の知的活動から、思想・アイデアあるいは感情が生まれます。そして知的活動の結果、技術の発明や文芸・美術等の作品が生み出されます。
著作権法では、思想または感情を創作的に表現した文芸・学術・美術・音楽の範囲の作品を著作物、著作物の創作者を著作者と呼んでいます。
著作者の権利は、著作者人格権と財産権の2つに大きく分かれています。著作者人格権は著作者が有する固有の権利で他人に譲渡することはできません。財産権(狭義の著作権)は譲渡や許諾等の形で契約のもと、著作者以外の人でも利用することができます。

著作物の種類

著作権法では著作物の具体的な例をいくつあげています。
必ずしもこれらのいずれかに属さなければ著作物ではないというものではありません。

言語の著作物
講演、論文、レポート、作文、小説、脚本、詩歌、俳句等
音楽の著作物
楽曲、楽曲を伴う歌詞
舞踏・無言劇の著作物
日本舞踏、バレエ、ダンス、舞踏、パントマイムの振り付け
美術の著作物
絵画、版画、彫刻、マンガ、書、舞台装置等(美術工芸品を含む)
建築の著作物
芸術的な建築物(設計図は図形の著作物)
地図・図形の著作物
地図、学術的な図形、図表、設計図、立体模型、地球儀等
映画の著作物
劇場用映画、アニメ、ビデオ、ゲームソフトの映像部分等の「録画されている動く映像」
写真の著作物
写真、グラビア等
プログラムの著作物
コンピュータ・プログラム
二次的著作物
原著作物を翻訳、編曲、変形、翻案し作成したもの
編集著作物
新聞、雑誌、詩集、百科事典等
データベースの著作物
編集著作物のうち、コンピュータで検索できるもの

著作者の権利

著作者の権利は財産的な利益を守る「著作権(財産権)」と人格的な利益を守る「著作者人格権」の2つに分かれています。

著作権(財産権)

著作者が自分の著作物を複製、出版、上演等の方法により利用することに関する独占的、排他的な権利であり、その一部または全てを、譲渡または相続ができます。その場合、著作権者は著作者ではなく、著作権を譲り受けた(相続した)人になります。

複製権
著作物を印刷、写真、複写、録音、録画等の方法によって有形的に再製する権利
上演権・演奏権
著作物を公に上演、演奏する権利
上映権
著作物を公に上映する権利
公衆送信権・伝達権
著作物を自動公衆送信、放送、有線放送する権利。また、公衆送信された著作物を、受信装置を使って公に伝達する権利
※自動公衆送信とは、サーバーなどに蓄積された情報を公衆からのアクセスにより自動的に送信することをいいます。また、そのサーバーに蓄積された段階を送信可能化といいます。
口述権
言語の著作物を朗読等の方法により口頭で公に伝える権利
展示権
美術の著作物と未発行の写真著作物の原作品を公に展示する権利
頒布権
映画の著作物の複製物を頒布(販売・貸与等)する権利
譲渡権
映画以外の著作物の原作品又は複製物を公衆へ譲渡する権利
貸与権
映画以外の著作物の複製物を公衆へ貸与する権利
翻訳権・翻案権等
著作物を翻訳、編曲、変形、翻案等する権利(二次的著作物の創作に及ぶ権利)
二次的著作物の利用権
自分の著作物を原作品とする二次的著作物を利用(上記の各権利に係る行為)することについて、二次的著作物の著作権者が持つものと同じ権利

著作者人格権

著作者人格権とは、他の人の手によって創作した著作物の改変や公表されることを防ぐための、著作者だけが持つ権利です。この権利は他人への譲渡や相続ができません(一身専属権)。著作者の死亡によって消滅しますが、著作者の死後も一定の範囲で守られることになっています。

公表権
自分の著作物で、まだ公表されていないものを公表するかしないか、するとすれば、いつ、どのような方法で公表するかを決めることができる権利
氏名表示権
自分の著作物を公表するときに、著作者名を表示するかしないか、するとすれば、実名か変名かを決めることができる権利
同一性保持権
自分の著作物の内容や題号を自分の意に反して勝手に改変されない権利