JAC 学術著作権協会文献情報システム

お試し会員登録フォーム

  • 1.登録情報を入力する
  • 2.入力内容を確認する
  • 3.登録完了

登録者情報

● 氏名※必須(全角で60文字まで)
● 氏名(フリガナ)※必須(全角で60文字まで)
セイ メイ
● メールアドレス※必須(半角で128文字まで)
● メールアドレス(再入力)※必須(半角で128文字まで)
● パスワード※必須(半角で6〜20文字まで)※本登録時にここで入力されたパスワードが必要になります。
● パスワード(再入力)※必須(半角で6〜20文字まで)

利用規約

● 利用規約 ※必須

本規約は、サービス利用者と一般社団法人 学術著作権協会(以下「当協会」という)との間の、当協会が提供する各サービス(以下、当サービス)の利用に係わる一切の関係に適用します。

■定義

本規約において、以下の用語は以下に定める意味を有するものとします。
「登録者」とは、当協会の指定する手続きにもとづき、本規約を承諾のうえ当協会所定の方法にて当サービスの利用を申し込み、当協会がこれを承認した者とします。
「当協会」とは、一般社団法人 学術著作権協会のことをいいます。
「当サービス」とは、当協会が提供する『文献情報システム』のことをいいます。

■本規約の範囲および変更

利用者は、本規約を承諾のうえ当協会所定の方法にて当サービスを利用するものとします。

■個人情報の収集とその目的について

当協会は、個人情報の収集目的を明確に定め、目的達成に必要な限度で個人情報を収集します。
また、収集は適法かつ公正な方法で行います。

  1. 当協会が各種サービスへのご登録においてお客様の個人情報を収集することがあります。
    その目的はセグメント化された情報をお客様にお届けすることです。また、個人を特定しない形式での統計データとして使用することも目的としています。個人情報をご提供いただくときは、この目的についてご理解をいただきたくお願い申し上げます。
    また、当協会への個人情報の提供はまったくお客様の任意です。ただし、当協会がお願いする情報の提供がない場合は、サービスの一部または、全部を受けることができない場合があります。
  2. 当協会は直接お客様から個人情報のご提供を受けるほか、事前に当協会への提供について同意をいただいている場合、または改めて当協会よりお客様の同意をいただいた場合に限りほかの会社から個人情報の提供を受けることがあります。

■お客様の個人情報の利用について

お客様の個人情報はあらかじめ提示した目的の範囲内でのみ利用いたします。

  1. 当協会では、当協会がご提供するサービスのコンテンツやサービス自体の品質向上のためお客様のご利用状況を統計的に分析することがあります。
  2. 当協会では、収集した個人情報を市場調査の目的で利用する場合があります。その場合には、お客様個人を特定する情報は一切掲載または公開しません。
  3. 収集した個人情報を利用して、当協会の新サービスのご案内や当協会が、お客様に有益であると判断したセグメント化したサービスのご案内をさせていただく場合があります。
  4. お客様にコンタクトする必要が生じた場合には、登録された電子メールアドレスや住所、電話番号、FAX番号を利用してご連絡させていただく場合があります。
  5. 当協会はお客様の同意なしでお客様の個人情報を第三者に提供することはいたしません。お客様の同意により第三者に提供する場合は、そのページに明示いたします。ただし、マーケティングや営業促進のためお客様個人を特定できない統計データの形式で第三者に提供することがあります。また、法令により関係当局より開示を要求された場合は、その要求の範囲内で最小限の個人情報を提出することがあります。
  6. あらかじめ当協会との間で機密保持契約を結んだ第三者の情報と当協会の顧客情報を必要最小限、照合することがあります。これは第三者の情報と当協会の情報を結合するものではなく、重複登録者や不正登録者の確認などのための照合を指します。
  7. 法令等により要求される場合に、個人情報保護責任者がその適用を正当であると判断したときは、お客様の個人情報を提供することがあります。

■登録者の承認

当協会は、登録を行なった者が、以下の項目に該当する場合は入会の承諾をしない場合があります。また、承諾後であっても承諾した登録者がいずれかに該当することが判明した場合、承諾を取り消す場合があります。

  1. 実在しない者である場合
  2. 過去に規約違反などにより、当サービスの登録者資格の停止または取り消しが行なわれていることが判明した場合
  3. 登録情報に虚偽、誤記または記入漏れが判明し勧告後も内容を訂正しない場合
  4. 住居が日本国外の場合
  5. その他、当協会が登録者とすることを不適当と判断する場合

■パスワードを含む登録情報の管理責任

登録者には、パスワードなど当サービスの利用に必要とされる事項(以下「登録情報等」という)が加算されます。

  1. 登録者は、登録情報等をほかの登録者または第三者に譲渡もしくは利用させたり、売買、名義変更、質入などすることはできません。
  2. 登録者は、本規約にもとづき加算されたパスワード等の管理、使用についての責任を持つものとし、当協会に損害を与えてはならないものとします。登録者は、当該パスワード等で利用されたサービスに関して一切の責任を負うものとし、これによって当協会、自己、他の登録者または第三者に損害、支払義務が生じたときは、その一切の債務を支払うものとします。
  3. 当協会は、当協会の判断により一定期間登録者が当サービスへの参加、パスワードの変更などを行った形跡が認められないと判断した場合、当該登録者のサービスの使用を停止できるものとします。また、緊急の必要がある場合、当協会は登録者の承諾なしに登録情報等を削除できるものとします。当協会がこのような措置をとったことにより当該登録者が当サービスを使用できず損害が発生しても、当協会は一切の責任を負いません。

■登録者の情報

  1. 登録者が、当サービスに登録した内容は、当協会が所有するものとします。
  2. 当協会は、原則として個人を特定できる情報(氏名、電話番号、メールアドレス)を本人の同意を得ずに第三者に開示することは行わないものとします。ただし、個人を特定できない情報については、本人の承諾なく開示される場合があります。
  3. 登録者が当協会、加盟サイト、ほかの登録者または第三者に不利益をおよぼす行為をしたと当協会が判断した場合、当協会は登録者による当サービス登録内容を当該第三者や警察または関連諸機関に通知することができます。
  4. 裁判所、検察官、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれに準じた権限を有する機関から、登録者の登録内容についての開示が求められた場合、当協会の権利、信用や財産を保護する目的で情報を一部開示するものとします。
  5. 登録者は、当サービスの利用上発生した当協会、登録者同士または第三者との間の苦情、クレーム、訴訟について、当協会が要求する事項(文章、口頭による交渉を含むがこれに限定されない)をすべて当協会に対して開示するものとします。
  6. 当協会は、郵送物の発送などのために、個人情報保護に関する契約を締結した提携会社に、送付先情報を預託することがあります。

■変更の届け出

登録者は、当協会への登録内容に変更があった場合には、速やかに所定の変更の届け出を当協会に行なうものとします。

■退会

登録者が当サービスを退会するときは、当協会所定の様式で届け出るものとします。登録者は、退会時に当サービス利用に関する一切の権利を失うものとします。

■登録者資格の停止、取り消し

登録者が次の各号のひとつにでも該当する場合は、当協会は登録者に事前に通知および催告することなく、該当登録者の登録者資格を一時停止または取り消すことができます。
また、いずれかの項目に該当することにより当協会が損害を被った場合、登録者は当協会または第三者が被った損害を賠償するものとします。

  1. 入会時に虚偽の申告をした場合
  2. 他人もしくは架空の個人情報を使って入会申告をした場合
  3. 登録者がすでに登録されている場合(二重登録を行った場合)
  4. パスワードを不正に使用し、またはほかの登録者・第三者にそれを使用させた場合
  5. 当サービスの運営を妨害した場合
  6. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  7. その他当協会が登録者として不適当と判断した場合

■情報の私的利用以外の禁止

  1. 登録者は、当協会が承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、当協会を通じ当該第三者の承認を取得することを含む。本条において以下同じ)を除き、当サービスを通じて入手したいかなる情報およびコンテンツも複製、販売、出版、公開、その他いかなる方法においても登録者の個人としての私的利用以外の使用をすることはできず、また、ほかの登録者または第三者をして同様の行為をさせてはなりません。
  2. 登録者は、営利の目的で当サービスを利用してはなりません。

■登録者間の情報

  1. 登録者は、自己の責任において良識に従って当サービスを利用するものとし、その利用に際して、当協会、加盟サイト、ほかの登録者および第三者に迷惑を掛けないものとします。
  2. 当サービスを通じて登録者同士でなされた情報の授受、およびそれに付随し行われる行為について当協会は一切責任を負わないものとします。

■設備等

登録者は、当サービスを利用するために必用な通信機器、その他すべての機器を自己の負担において、準備するものとします。また、自己の費用で使用する機器をもって電気通信サービスを利用して当サービスの存在するサーバーへ接続するものとします。その際、必用な手続きは登録者が自己の責任と費用で行なうものとします。

■権利侵害の禁止

  1. 登録者は、当サービスにおいて情報を公開する場合、当協会、ほかの登録者および第三者の知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれに限定されない)・名誉・信用または、そのほかの権利を侵害しないものとします。
  2. 前項に規定する権利が、その権利者の許可なしに登録者により使用されている場合、当該登録者はこれによって生じる法的責任をすべて負担するものとし、当協会は一切の責任を負わないものとします。

■禁止事項

登録者は、当サービスを利用して、下記に該当し、またはその恐れがある行為をすることはできません。

  1. 公序良俗に反する場合
  2. 犯罪的行為に結びつく場合
  3. ほかの登録者または第三者の知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれに限定されない)を侵害する場合
  4. ほかの登録者または第三者の財産、信用、プライバシーを侵害する場合
  5. その他、法律に反する場合
  6. ほかの登録者または第三者に不利益を与える場合
  7. ほかの登録者または第三者を誹謗中傷している場合
  8. 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する場合、および公職選挙法に抵触する場合
  9. 当サービスの運営を妨げ、または、当協会の信用を毀損する場合
  10. 同一人物が複数の登録をする場合
  11. その他、当協会が不適当と判断する場合

■当サービスの内容の変更および停止

当協会は、登録者への事前の通知なくして、当サービスの諸条件運用規則、または当サービスの内容を変更することがあり、登録者はこれを承諾するものとします。この変更には、当サービスの内容の部分的な改廃などを含みますが、これらに限定されません。
また、当協会は予告なく当サービスを停止または中止することができます。当協会は、この変更、停止、中止など、これに起因する登録者またはほかの第三者が被った被害については一切の責任を負わないものとします。

■サービスの一時的な中断

当協会は、次に該当する場合には、登録者に事前に連絡することなく一時的に当サービスを中断する場合があります。
また、当協会はこれ以外の事由により当サービスの提供の遅延または中断が発生したとしても、これに起因する登録者またはほかの第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。

  1. 当サービスのシステムの保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行なう場合
  2. 火災、停電などにより当サービスの提供ができなくなった場合
  3. 地震、噴火、洪水、津波などの天災により当サービスの提供ができなくなった場合
  4. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議などにより当サービスの提供ができなくなった場合
  5. その他、運用上、技術上当協会が当サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

■当サービスの内容の保証および中断

当サービスの内容は、当協会がその時点で提供可能なものとします。当協会は、提供する情報、登録者が登録および投稿する情報について、その完全性、適用性、有用性などいかなる保証も行ないません。当協会は、理由の如何を問わず、当サービスの提供の遅延または中断などが発生し、その結果登録者または他の第三者が損害を被ったとしても当該損害について一切の責任を負わないものとします。

■情報などの削除

登録者が当サービスに登録した情報は、当協会が定める所定の期間または量を超えた場合、登録者への事前通知なく削除されることがあります。また、本規約に定めるほか当サービスの運営および保守管理上の必要がある場合、登録者へ事前に通知することなく、登録者が当サービスに登録した情報が削除される場合があります。

■当サービスの提供範囲の設定

  1. 当協会は本規約にもとづき、合理的な範囲で登録者ごとに当サービスの提供範囲の制限を、設定または変更することがあります。
  2. 登録者が当サービスを経由して他社サービスにアクセスした場合であっても、当該登録者と他社サービスの主催者、当該他社サービスの登録者、またはその他の第三者との間に発生したトラブルについて当協会は責任を負わないものとし、これに起因して当協会または第三者が損害を被った場合、登録者はその損害を賠償するものとします。

■免責事項

  1. 当協会は、当サービスの利用により発生した登録者の損害すべてに対し、いかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。
  2. 当協会が登録者の登録、掲載した情報を削除し、登録者資格を停止、抹消し、当サービスを停止、中断、中止等したことにつき、当協会は事由の如何を問わず一切の損害賠償義務を負わないものとします。
  3. 登録者の登録情報の不備等に起因して、当協会からの連絡などの到着の遅延、あるいは不着があった場合でも、当協会は登録者宛に通常到達すべき時に届いているものとみなし、これにより登録者に不利益が生じても当協会は責任を負いかねません。

■損害賠償

  1. 登録者が当サービスの利用によって、ほかの登録者や第三者に対して損害を与えた場合、登録者は自己の責任と費用をもって解決し、当協会に損害を与えることのないものとします。
  2. 登録者が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当協会に損害を与えた場合、当協会は当該登録者に対して相応の損害賠償の請求を行なうことができるものとします。

■準拠法、専属的合意管轄裁判所

本規約は日本国法に準拠するものとします。また、登録者と当協会の間で、訴訟の必要が生じた場合、当協会の所在地を管轄する裁判所を登録者と当協会の専属的合意管轄裁判所とします。